LIMITED葉酸
  • 標準
  • 特大

LIMITED葉酸

妊娠中の方も、そうでもない方にも。
赤ちゃんとご自身の為の厚生労働省推奨サプリメント。
女性に不足しやすい成分をすべて配合し、健康と美容を赤ちゃんへも継承。

サプリメント

葉酸の大切さ

厚生労働省推奨サプリメント

葉酸はビタミンB群のうちのひとつで、水溶性のビタミンです。
ビタミンB群は葉酸以外にビタミンB1、B2、ナイアシン(ニコチン酸)、B6、パントテン酸、ビオチン、B12の8種類です。葉酸は1944年にほうれん草の「葉」から発見されました。
名前の通り「葉」に多く含まれるビタミンです。葉酸は細胞分裂とDNAの合成に関わり、細胞分裂のキーとなる核酸やチミンの合成に補酵素として働きます。そのため葉酸は新陳代謝や細胞分裂が活発な組織で必要になるビタミンです。爆発的な細胞分裂をして急激に成長していく胎児や消化器官の粘膜、赤血球の製造などで葉酸は必要になります。
葉酸の効果・効能は、神経管欠損症(NTD)など胎児の先天性奇形の予防や心臓病の予防効果や肺ガン、直腸ガン、子宮頸ガン、貧血の予防、さらに母乳の出を良くするなどです。

豊富な野菜を配合

ほうれん草、ブロッコリー、レタス、キャベツ、豆類(枝豆、空豆、インゲン豆など)、レバーなどの食品に多く含まれていて、特に濃緑色野菜や葉物野菜に多く含まれています。
ビタミンB6、B12、ビタミンCとの相互作用で働きます。葉酸だけを摂っても他のビタミンが無いと充分な効果が発揮できません。またB6、B12、ビタミンC以外のビタミンやミネラルも間接的に関係してくるので、葉酸を単独で摂るという考え方ではなくバランス良くいろいろなビタミン、ミネラルを摂っていくことがとても大切です。
特に気をつけたいのがB12不足。B12は貝やレバー、マグロ、のりなど動物性の食品に多く含まれるビタミンです。野菜にはほとんど含まれていません。

厚生労働省がサプリメントで1日400μgの摂取を推奨しているのは、「モノグルタミン酸型葉酸=合成葉酸」のほうになります。
なぜ、厚生労働省は合成葉酸のサプリメントを推奨しているのかと言うと、天然葉酸と合成葉酸では体内利用効率に大きな差が出てしまうからです。サプリメントに添加されている合成葉酸は、体内での利用効率が85%なのに対して、天然葉酸(食事性葉酸)は、代謝過程に多くの段階を踏むために利用効率が50%程度に低下してしまうのです。
また、胎児の先天異常対策に有用であると示されている疫学研究は、全て栄養補助食品(合成葉酸)が使用されていて、食事性葉酸は「理論的には効果があると推定されるが、現時点では証拠が得られていない状況」です。
なので、より確実に葉酸を体内に取り込むためには、食事性葉酸から400μgではなくて、「モノグルタミン酸型葉酸=合成葉酸」をサプリメントから400μgを摂取するように推奨しているのです。厚生労働省は葉酸の推奨量として、成人で240μgとしています。
特に妊娠初期の女性は普段の食事だけでは推奨量にすら達していません。妊娠初期から妊娠中の女性はサプリメントを使って葉酸を補給するのが重要です。
葉酸は、飲酒や経口避妊薬の摂取で消費されてしまいます。特に飲酒量が多い人は葉酸不足になりやすいです。
なので葉酸は女性だけでなく、男性にも必要なサプリメントと言えるでしょう。

葉酸の適正摂取量

葉酸を妊娠前1ヶ月から妊娠3ヶ月ごろの妊娠初期に多めに摂取することで、神経管欠損症(NTD)など胎児の先天性奇形の予防効果があります。
NTDは受胎後1ヶ月以内に発生するので、妊娠に気がついてから葉酸を摂りだしたのでは遅すぎます。妊娠の可能性がある女性は葉酸を1日400μg程度摂取するとNTDの危険性が劇的に低減します。

おすすめの葉酸摂取量

以上のように推奨されている必要量は、状況によってそれぞれ変わってきます。
妊活中だからといって過剰摂取すると、かえって身体によくないので、この摂取量は厳守しなければなりません。

LIMITED葉酸ご使用方法

就寝前に水またはぬるま湯と共に「妊活中、又は妊娠初期~3ヶ月の女性/1日4錠」「妊娠中期~後期の女性/1日2錠」「授乳期/1日2錠」「美容目的/1日2錠」を目安にお召し上がり下さい。

LIMITED葉酸内容量

18.0g(200mg×90粒)

LIMITED葉酸配合成分

葉酸、乾燥酵母、ラクトスクロース、カルシウム、セルロース、トレハロース、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、鉄

商品名
LIMITED葉酸
定価
5,800円
WEB特別価格
2,900円
3箱セット価格
5,000円
6箱セット価格
7,900円